エビデンス に関して

従来の酸化チタン製品の光触媒作⽤における課題を解決したことにより
驚きの実験結果がぞくぞく

nanozone SOLUTIONに関するエビデンスnanozone SOLUTIONに関するエビデンス
環境中の新型コロナウイルスの可視光応答光触媒による不活化評価

環境中の新型コロナウイルスの可視光応答光触媒による不活化評価

検査機関

特定非営利活動法人バイオメディカルサイエンス研究会

試験目的

環境中の新型コロナウイルスの可視光応答光触媒による不活化評価

試験品 

NanoZoneSolution

試験方法

規格 JIS R 1702
環境中(現在、東京のホテルやオフィスビルで採取したばかり)の新型コロナウイルスの可視光応答光触媒による不活化効果試験(30分間照射して30分後の試験結果を測定)
※現在、様々な大学で行われている多くの新型コロナウイルスは武漢株(SARS-CoV-2(古い株))ですが弊社で行った新型コロナウイルスの試験は、今現在日本で流行している新型コロナウイルスを用いた試験となります。

試験結果

新型コロナウイルスの試験結果は『99.99999%』と記載しても問題はないが『99.99999%』という表記ではなくて『検出限界以下になった。』とする。

この環境下における新型コロナウイルスの不活化試験においては世界初

※また、"世界初"というのは試験方法ではなくて、光触媒で行い、99.99999%の効果が見られたのが"世界初"となります。

ノロウイルス、ヒトコロナウイルス、インフルエンザウイルスに関するエビデンスノロウイルス、ヒトコロナウイルス、インフルエンザウイルスに関するエビデンス

他にも、抗菌性(黄色ぶどう球菌)・0-157・アンモニアガスの除去性能試験・急性毒性試験実施済み!

液状検体のウイルスに対する効果評価

ヒトコロナウイルスに対する効果評価

検査機関

特定非営利活動法人 バイオメディカルサイエンス研究会

試験目的

ヒトコロナウイルスに対する抗ウイルス評価試験を行う。

使用ウイルス

ヒトコロナウイルス(Human Coronavirus 229E(ATCC VR-740))

試験品 

NanoZoneSolution

試験方法

ISO18184 準拠
①NanoZoneSolution0.99mlを蓋付ガラス瓶内に入れておく。
ここに0.01mlのウイルス液を加え25℃にて蓋付ガラス瓶内にて1分と5分反応させる。
②1分後、5分後に細胞培地9ml加え、かき混ぜで1分間×3回混合する。

試験結果

NanoZoneSolutionにより、ヒトコロナウイルスが99.99999%減少
ヒトコロナウイルスは520万個が1分後に2800個まで減少。
5分後には検出限界以下になり、抗ウイルス活性が認められた。
※ヒトコロナウイルスは新型コロナウイルスと骨格や遺伝子配列が98%同じものである。

※例)試験開始時は5.2×10の6乗 7乗になれば増加、5乗になれば減少と判断する。5.2の数値の変化だけであれば誤差範囲内である。

液状検体のウイルスに対する効果評価

ノロウイルスに対する効果評価

検査機関

特定非営利活動法人 バイオメディカルサイエンス研究会

試験目的

ノロウイルスに対する抗ウイルス評価試験を行う。

使用ウイルス

ネコカリシウイルス F9株(ノロウイルス代替)

試験品 

NanoZoneSolution

試験方法

ISO18184 準拠
①NanoZoneSolution0.99mlを蓋付ガラス瓶内に入れておく。
ここに0.01mlのウイルス液を加え25℃にて蓋付ガラス瓶内にて1分と5分反応させる。
②1分後、5分後に細胞培地9ml加え、かき混ぜで1分間×3回混合する。

試験結果

NanoZoneSolutionにより、ネコカリシウイルスが99.99999%減少
ネコカリシウイルスは610万個が1分後に7万個まで減少。
5分後には検出限界以下になり、抗ウイルス活性が認められた。

※例)試験開始時は5.2×10の6乗 7乗になれば増加、5乗になれば減少と判断する。5.2の数値の変化だけであれば誤差範囲内である。

液状検体のウイルスに対する効果評価

インフルエンザウイルスに対する効果評価

検査機関

特定非営利活動法人 バイオメディカルサイエンス研究会

試験目的

インフルエンザウイルスに対する抗ウイルス評価試験を行う。

使用ウイルス

Aインフルエンザ北九州/159/1993H3N2型

試験品 

NanoZoneSolution

試験方法

ISO18184 準拠
①NanoZoneSolution0.99mlを蓋付ガラス瓶内に入れておく。
ここに0.01mlのウイルス液を加え25℃にて蓋付ガラス瓶内にて1分と5分反応させる。
②1分後、5分後に細胞培地9ml加え、かき混ぜで1分間×3回混合する。

試験結果

NanoZoneSolutionにより、インフルエンザウイルスA型が99.99999%減少
インフルエンザウイルスA型は230万個が1分後に150個まで減少。
5分後には検出限界以下になり、抗ウイルス活性が認められた。

※例)試験開始時は5.2×10の6乗 7乗になれば増加、5乗になれば減少と判断する。5.2の数値の変化だけであれば誤差範囲内である。

安心安全の抗菌コーティング

化粧品や食品添加物にも指定されている世界最少クラスの酸化チタンとアルコールと水のみを使っていますので人体やペットにも無害です。
そのため小さなお子様がいらっしゃるご家庭の住宅や
お車にも安心してご利用いただけます。
そのほか医療機関・介護施設や保育園、
商業施設、交通機関などでもご利用いただいております。