キャッシュレス時代

キャッシュレス時代とは

経済産業省では『世界で最もクレジットカードが使いやすい安心・安全な国 日本』というスローガンを掲げ、
キャッシュレス決済の普及による決済の利便性・効率性の向上を
今後の日本経済の成長に向けて官民が一体となり取り組むことを公表しています。

クレジットカード決済、プリペイドカード決済、電子マネー決済等の決済サービスには従来の現金決済にはない、
ポイントシステム等の付加サービスの有益性、豊富な支払方法による利便性を兼備しており、2014年度は45兆円。
10年前と比較すると2倍の市場となりました。今後の国内の電子決済市場は更なる決済インフラの革新やEC市場の拡大により、
2017年度には66兆円にまで拡大すると予測されております。
10年前では非現実的な支払方法と揶揄されていた、公共料金(ガス・電気・水道)をはじめ税金や保険料なども
今ではクレジットカード支払が大半を占める決済方法となっております。

クレジットカード保有枚数

※平成27年3月 一般社団法人日本クレジット協会参照

クレジットカード決済取扱高

取扱高は10年間で2倍以上増加民間最終消費支出の15.5%を占める

※経済産業省参照

現金⇒キャッシュレス化
端末機決済
WEB決済
クレジットカード
クレジットカード一覧

高額な商品購入時にリボ払いへ変更することが出来、支払金額の調整が可能。
さらにポイントがたまるため消費者からの需要が伸びてきています。

電子マネー
流通系電子マネー一覧交通系電子マネー一覧

非接触型のICカード技術を用いて実店舗、自販機で主に利用されています。
プリペイド(前払い)式・ポストペイ(後払い)式があり、流通系電子マネーWAON/nanaco/Edy/iD等、交通系電子マネーPASMO/Suica等が有名です。

コンビニ払い
対象コンビニ一覧

お客様の都合で24時間いつでも支払が可能です。
全国の各コンビニで利用可能なのでとても便利です。

カード利用者メリット|クレジットカード決済メリット

クレジットカードは既に広く浸透しており、最もニーズの高い決済手段になっており、
将来的にはクレジットカード決済を導入してない事が売上機会損失ともなり得ます。

現金を持ち歩く必要がない(キャッシュレス)
現金を持っていなくてもクレジットカードがあれば、サービスを受けたり商品を購入できます。
他にも公共料金、高速料金(ETC)、国民年金などが支払えるクレジットカードもございます。
余裕を持ったお支払い計画が立てられる
予めお支払い期日が設定されていますので、お客様の毎月の生活に負担をかけることなく、余裕を持ったお支払い計画を立てることができます。
一括、二回払いであれば金利、手数料は無料
クレジットカードの種類によりますが大抵の場合、金利・手数料が発生するのは分割払い(3回以上)リボ払いの時であり、一括払い二回払いの場合の金利・手数料は無料です。
ポイントやマイルが貯まり、商品券に交換
クレジットカードには買い物時にポイントが付与され、貯めたポイントを現金や商品券に交換でき、さらに各お店のポイントも付くクレジットカードもあり、2重にお得になります。
優待特典が付与
ポイントとは別に、特定のお店でのご利用額の割引特典が付いているクレジットカードもあります。
ホテル、飲食店、レンタカー代金などで割引が行われます。
カード加盟店|クレジットカード決済メリット
集客ツール
・現金の持ち合わせが不要
現金の持ち合わせがなくても、クレジットカードが使えることで、お客様を呼び込むことができます。
・店舗の選択理由になります
リアル店舗、オンライン店舗問わず、クレジットカードが使えることが、お店を選択する理由になり ます。
・他社との差別化
導入事例の少ない業種では他社との差別化を図ることができ、集客につながります。
売上向上ツール
・売上単価向上
現金よりも一人あたりの売上単価向上につながります。
・分割払いやリボ払いの適応
分割やリボ払いの適応により、高額商品でも無理なく購入していただけます。
・購買意欲の維持・向上
支払いタイミングの調整ができるため、お客様の購買意欲を下げることなく、購入していただけます。
代金回収効率向上ツール
・未収リスク防止
支払手段として優先順位が高いため、未収リスクをほぼ100%防止します。
・業務効率化
口座振替の際の残高不足等による従業員の督促業務がなくなるため、業務効率化となります。
・事務作業簡素化
口座振替のように申込用紙の記入や銀行印が必要ないため、事務作業の簡素化を実現します。

WEB店舗向けクレジットカード決済①

急速に発展を遂げたインターネットインフラに伴い、消費者の支払いニーズもこれまでの現金による支払いから
インターネットを通じたキャッシュレス決済手段へシフトしております。
そこでJPCグループでは事業者様の業種や現在の代金回収方法、事業全体の業務フローをヒアリングさせていただいた上で、
数多くの提携先企業から、最も適切な企業をご紹介させていただき、サービス導入に至るまで完全サポートさせていただきます。

従来のWEB決済の問題点
時間的な問題
  • 窓口が2つあり、やりとりが面倒だった
  • サイトは出来たが決済が間に合わずオープン出来なかった
費用的な問題
  • 両社に接続費用がかかり、二重で支払っているかもしれない
  • システムの知識がないため、構築費用がどれくらいかかるか分からない
決済条件的な問題
  • カード決済手数料が高く設定されたことがある
  • 入金サイクルが月一回なので、キャッシュフローが圧迫された
審査的な問題
  • サイトがないと審査できないと言われた
  • 商品やサービスの問題で審査が通らなかった
従来のWEB決済の問題点
時間的なロスを軽減致します。
  • 窓口は弊社からご紹介させていただく決済代行会社のみですので複数の窓口とのやりとりは必要ございません。
  • サイトの制作と同時進行で決済のご用意をさせていただきますのでオープン予定日に合わせたご提案が可能です。
費用的な負担を軽減致します。
  • サイト及び決済システムをセットでご提案させていただきますのでムダな費用を軽減致します。
  • 専任スタッフによるご提案を行いますので、事業者様に必要な費用を明確にご提案が可能です。
適切な決済条件にてご提案到します。
  • 業界毎に最安の手数料条件にてご提案させていただきますのでご負担を軽減致します。
  • カード会社との契約により、事業者様にとって健全なキャッシュフローをご提案します。
弊社の適切な審査申請を行います。
  • サイトが未完成の場合でも事業所などの実在が確認出来ましたら審査提出可能です。
  • 商品やサービス内容により適切な審査先を選定致しますので審査否決リスクを軽減致します。
システム構築費用業界最安
+
クレジットカード決済費用業界最安

様々な商品をご用意

クレジットカード決済
詳しくはこちら

様々な事業者様の業務フローに合わせた決済方法をご提案させていただきます。

代金後払い決済
詳しくはこちら

コンビニの払込用紙を送付するだけで入金される次世代型コンビニ決済です。